/oʊ/と/ɔː/ その1

日本語には、もともと二重母音というものがないそうで、日本語化したカタカナ表記つまりカタカナ語においても、/oʊ/の音を持つ単語は、オープン、オーバー、ゴールド、ホープ、ストローク、トータル などというように、/ɔː/をカナ表記したような表記法になるのが通常です。

英語の二重母音は、他にも/eɪ//ɔɪ//aɪ//aʊ/がありますが、/eɪ/がエーになる傾向がある(ケース、グレード など)ほかは、チョイス、ファイブ、ハウス のように、比較的に素直な対応になっています。ちなみに、英語に/eː/という発音はないので、エー系のカタカナ語は、ほぼシステマティックに/eɪ/にすれば、元の母音になるといえそうです(英語の発音としては/æ/がエーに聞こえるなどは考えられますが、上はカタカナ語の話です)。

 

ここでは、英単語における/oʊ/と/ɔː/が、ともにオーとして認知されたときに類音化する例を挙げてみたいと思います。またあわせて、(広義の)オー系の音が、オー(/ɔː/)なのか、オウ(/oʊ/)なのかについて、綴りとの対応(フォニックス的考察を含む)についても気づいたことを述べたいと思います。
同じ綴り字のパターンでも、(広義の)オー系以外の音(/ɑː//ʌ//uː/など)についてはここでは問題にしません。オー系以外の発音の態様については、こちらの記事「英語の母音と綴り字(27) 一覧表」などをご参照ください。

 


 

WSDでは、カナ表記上、/oʊ/をオウ系に、/ɔː/をオー系に区別して表記しています。WSDにおける検索用カナの表記については、こちら「WSDの詳細」をご覧ください。

ここでは、/oʊ/を持つ単語について、WSDに一時的にオー系の見出しを追加してみたときに、カナ表記に重なりがあったものを拾い出しています。目視チェックであり、また選別もしていますので、網羅的リストではありません。
また、カナ表記の同一性から、l と r、b と v、s と th などに違いのあるものも合わせて出てくることがあります。
以前の記事でも述べましたが、英音においては、/ɔːr/は/ɔː/なので、リストはそれも含みます。

以下のリストは、WSDのカナ表記順です。
なお、識別のため、語義をごく簡単に載せています。

 

aboard  /əbɔ́ːrd/ 乗って
abode  /əbóʊd/ 住居/→abide

綴りoaは、一部の例外(broad, abroadで/ɔː/)を除き全て/oʊ/なのですが、oarではむしろ/ɔːr/が通常です。
語尾にサイレントのeがきて/oʊ/となる単語は多数あります。

war  /wɔːr/ 戦争
wore  /wɔːr/ →wear
woe  /woʊ/ 悲哀

綴りarは、art, largeなど、アー系の音も普通にあるのですが、オーかオウかで言えば、/ɔːr/といえます。
綴りoeは、オーかオウかで言えば、/oʊ/です(フォニックス的にはサイレントのeの特別な形ともいえます)。

walk  /wɔːk/ 歩く
woke  /woʊk/ →wake

綴りaひとつの場合、オーかオウかで言えば、/ɔː/です。

awe  /ɔː/ 畏敬
O, oh  /oʊ/ おお!
owe /oʊ/ 負っている
oar  /ɔːr/ 櫂
or  /弱ər; 強ɔːr/ ~か~
ore  /ɔːr/ 鉱石

綴りaw, awe は、オーかオウかで言えば、/ɔː/です。
綴りow, owe は、オーかオウかで言えば、/oʊ/です。

odor(odour)  /óʊdər/ におい
order  /ɔ́ːrr/ 順序

oat  /oʊt/ オート麦
ought  /ɔːt/ すべきである

綴りoaは、一部の例外(broad, abroadで/ɔː/)を除き/oʊ/です。
綴りouは、オーかオウかで言えば/oʊ/が多いのですが、oughtの形では/ɔːt/となります(例外はdrought /draʊt/)。

quart  /kwɔːrt/ クォート(容量)
quote  /kwoʊt/ 引用する

claw  /klɔː/ かぎづめ
crow  /kroʊ/ カラス

綴りawは、オーかオウかで言えば、/ɔː/です。
綴りowは、オーかオウかで言えば、/oʊ/です。
ちなみに、au, ouの場合も一般にそうなのですが、例外もあります。

close  /kloʊs/ 接近した
cloth  /klɔːθ|klɔθ/ 布
cross  /krɔːθ|krɔθ/ 十字架

綴りoは、サイレントのeではない場合、オーもオウもあります。/oʊ/と/ɔː|ɔ/の両方の可能性があります。forum, storyのように、後にrと母音が続く形で、/ɔː/となるものもあります。
またここでは取り上げませんがもちろん/ɑ|ɔ/系の単語も多いです。

clause  /klɔːz/ 条項
close  /kloʊz/ 閉じる
clothe  /kloʊð/ 服を着せる
clothes  /kloʊz, kloʊðz/ 衣類

gloss  /glɑs, glɔːs|glɔs/ 光沢/注釈
gross  /groʊs/ 総計の
growth  /groʊθ/ 成長

綴りoについて、同じrossでも、crossでは/ɔː|ɔ/、grossでは/oʊ/です。英語の発音は結構複雑なのです。

coast  /ksoʊt/ 海岸
cost  /kɔːst|kɔst/ 費用
(ghost)  /goʊst/ 幽霊

綴りoaは定石通り/oʊ/ですが、綴りoは単純ではないという例です。

caught  /kɔːt/ →catch
coat  /koʊt/ 上着
court  /kɔːrt/ 法廷

call  /kɔːl/ 呼ぶ
coal  /koʊl/ 石炭

gall  /gɔːl/ 胆汁/すり傷
goal  /goʊl/ 目標

shawl  /ʃɔːl/ 肩掛け
shoal  /ʃoʊl/ 浅瀬/群れ

scrawl  /skrɔːl/ 殴り書きする
scroll  /skroʊl/ 巻物

store  /stɔːr/ 店
stow /stoʊ/ しまい込む

stall  /stɔːl/ 失速/時間かせぎする
stole  /stoʊl/ →steal/肩掛け

snore  /snɔːr/ いびきをかく
snow  /snoʊ/ 雪

saw  /sɔː/ のこぎり/→see
sew  /soʊ/ 縫う
so  /soʊ/ そのように
sow  /soʊ/ まく
soar  /sɔːr/ 舞い上がる
sore  /sɔːr/ 痛い
thaw  /θɔː/ 解凍する

綴りewは、オーかオウかで言えば、/oʊ/です。

sawn  /sɔːn/ →saw(のこぎりで切る)
sewn  /soʊn/ →sew
sown  /soʊn/ →sow
thorn  /θɔːrn/ とげ

chalk  /tʃɔːk/ チョーク
choke  /tʃoʊk/ 窒息させる

toe  /toʊ/ つま先
tow /toʊ/ 牽引する
tore  /tɔːr/ →tear(裂く)
tour  /tʊər|tʊə, tɔː/ 旅行

door  /dɔːr/ ドア
dough  /doʊ/ パン生地

綴りoughは、enough /ɪnʌ́f/, cough /kɔːf|kɔf/, through /θruː/, though /ðoʊ/, bough /baʊ/など、いろいろな発音があります。オーかオウかで言えば、/oʊ/も/ɔː|ɔ/もあります。
ただし後にtがついて、oughtとなると、上述のように/ɔːt/の形(例外はdrought /draʊt/)になります。

taught  /tɔːt/ →teach
taut  /tɔːt/ ぴんと張った
tort /tɔːrt/ 不法行為
tote /toʊt/ 運ぶ/合計する

tall  /tɔːl/ 背の高い
toll  /toʊl/ 鐘の音/通行料

dole  /doʊl/ 施し物
doll  /dɑl, dɔːl|dɔl/ 人形

綴りollも、単純ではありませんが、doll, atoll以外は/oʊ/の形になるようです。

drawn  /drɔːn/ →draw
drone  /droʊn/ ドローン

 

以上が、カナ表記でア~トのもの(からの抜粋)です。
ノ以降のものは、次回に続きます。

 


 

(注)綴りと発音についての記述は、学問的に厳密なものではありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA