母音 / ɪɚ|ɪə / と / ɪr|ɪər / :母音と綴り字(20)

英語の母音と綴り字の対応について、今回は、母音 / ɪər / すなわち / ɪɚ|ɪə / と、/ ɪər / すなわち / ɪr|ɪər / について、WSDから調べたものです(前の / ɪər / の r および後の / ɪər / の ə はイタリック体です)。

なお、WSDでは、発音記号に / ɚ /(かぎ付きシュワー)を用いず、原則的に、米英まとめて / ɪər / / ɪər / の記法を用い、WSD中で米音英音を書き分ける場合は、
/ ɪɚ|ɪə / は、/ ɪər|ɪə / :米音の r はイタリック体
/ ɪr|ɪər / は、/ ɪər|ɪər / :米音の ə はイタリック体
という記法になります。

 


以下、/ ɪər /(/ ɪɚ|ɪə /)の音を作る綴り字と、その単語の例を示します。

 

ear : appear, clear, ear

eer : beer, cheer, volunteer

ere : here, mere, severe

ier : cashier, fierce, tier

以下は例が少なくなります。

ir : souvenir

eir : weir, weird

また、米音のみの例となりますが、

iere : brassiere(brassière)(/brəzíər|brǽziə/), premiere(première)(/prɪmíər|prémièə/)

また、地名・人名ですが、

yr : Kyrgyzstan (/kìərgɪstάːn, -stǽn|kə̀ːg-/)

eare : Shakespeare (/ʃéɪkspɪər/)

があります。

 


/ ɪər /(/ ɪɚ|ɪə /)の後にさらに母音が続く場合、/ ɪər /(/ ɪr|ɪər /)の形になります。

以下、/ ɪər /(/ ɪr|ɪər /)の音を作る綴り字と、その単語の例を示します。
この形の単語は、上段に挙げた単語の派生語であることも多いです。

er : cereal, experience, material

ear : appearance, hearing, weary

eer : cheery, peerage, steering

ere : hereabouts

eo : theory (/θíːəri, θíəri|θíəri/)

やや特殊なものに、

ir : delirious (/dɪlíriəs|-líər-/)

があります。

 


(注)綴り字・単語の列挙について、一般に

綴りと発音については、WSD書籍版のデータに依拠しています。

例が1個あるいは2個しか挙がっていない場合でも、その1語あるいは2語のみ、という強い主張をするものではありません(悉皆調査ではありません)。

/í/ を /ɪ/ の第一アクセント表記、/íː/ を /iː/ の第一アクセント表記として使用しています。

イタリック体の発音記号(/ə/など)は、環境によってはうまく表示されないかもしれませんが、よろしくご了承ください。

その他、詳しい注記については 短母音 / e / :母音と綴り字(1) の記事と注をご参照ください。

また、英語の母音と綴り字(27) 一覧表 で、記事にした母音全体について概観(一覧表)があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA