ウェブ上で発音記号を表示する方法

ウェブ上で英語の発音記号を表示する方法について、いまだ決定版はないように思います。

発音記号の表記方法には、辞書ごとにざまざまな流儀があり、特にアクセントの表示方法に、外国の辞書(英英辞典)などに多い「音節の前に短い縦棒を置く」方法(国際音声記号 (IPA) 方式)と、日本の英和辞典に多い、「母音の上にアクセント記号を打つ」方法がありますが、後者の方法(日本式)の場合が特に問題となります。

発音記号として使えそうな文字は、Unicode上に散在してますが、わかりやすくまとまっているわけではありません。フォントによっては意図通りにきれいにそろわないこともあります。

また私の見た限り、母音の上に第一アクセント、第二アクセントを付した文字が、すべての母音記号について完備されているわけではないようです。

アクセント記号については、コード番号で U+0300,0301 があって、これをアクセントなしの記号に続けて入力すると、フォント(と表示環境)によってはうまくアクセント付きの記号になります。「弾き音の t(t̬) 」については U+032C です。


WSD に使用した発音記号などを、Unicodeで表現しようとした一覧を試しに示してみました。

abdefghɪjklmnoprstʊvwxz əʌɑæɔiu ɚ áàéèíìóòúùǽὰά ʃʒθðŋ
Unicodeにある文字です。
ɪ と ʊ をIPA式に置き換えています。私にとっては、ʊ という文字には形に若干違和感があります(WSDでは、大文字のUをそのまま小文字にしたような形を採用しています)。

úː:˸ 長音記号の例です。環境にもよりますが、本来の記号 ː できれいに表示されないときは、長音は半角コロン : にしてもよいと思います。

ʤʧ dʒtʃ 前者は2文字、後者は4文字です。

ˈˌ 国際音声記号 (IPA) のアクセント記号。英英辞典スタイルです。

 

以下がきれいに見えるかは環境に依存すると思います。

t̬ U+032C
ʌ́ʌ̀ U+0301,0300
ʊ́ʊ̀ U+0301,0300
ɔ́ɔ̀ U+0301,0300
ǽæ̀ U+0301,0300
ɚ́ː ɚ̀ː U+0301,0300
ə́ːr ə̀ːr U+0301,0300  r はエディタでイタリックにしています。
ɪ́ɪ̀ U+0301,0300  ɪ と i の区別ですが、アクセントがつくと、どちらも í ì を使って、たとえば í(ɪ の第一アクセント表示)と  íː(iː の第一アクセント表示)でなんとなく区別できそうです。

はじめからイタリック体になっている文字はないようなので、「斜めの ə」などは、エディタでフォントをイタリックにするか、あるいは括弧に入れることになります。

エディタでイタリックにした例です。
dhjkprtə

これも環境により、エディタでイタリックにしても、うまく斜め表示されないことがあります(私の環境では、「斜めの ə」は、うまく表示されていないようです)。


ちなみに WSD(印刷版)の発音記号は、自作のフォントによります。独自フォントなので、「弾き音の t のイタリック体」などもあらかじめ用意されていますが、入力編集にはPCにフォントがインストールされている必要があります。

 


<追記>

Unicodeの組み合わせ文字や、ə のイタリック体などがどう表示されるかは、入力者側の選んだフォントと、各端末の表示環境の両者に依存するようです。

上記の記事中の発音記号フォントは、すべてエディタのデフォルトの Open Sans です。

参考までに、エディタで Helvetica を選んだ場合、次のようになります。

t̬ U+032C
ʌ́ʌ̀ U+0301,0300
ʊ́ʊ̀ U+0301,0300
ɔ́ɔ̀ U+0301,0300
ǽæ̀ U+0301,0300
ɚ́ː ɚ̀ː U+0301,0300
ə́ːr ə̀ːr U+0301,0300
ɪ́ɪ̀ U+0301,0300

dhjkprtə

 

当ブログでは、発音記号の表示において、原則的に Open Sans の採用を維持しつつ、私の環境でとくに表示に不満のある、/ə/ /t̬/ /ʊ́, ʊ̀/ について、個別にフォントを Helvetica の /ə/ // /ʊ́, ʊ̀/ に置き換えて、レイアウトの崩れを改善することとしました。

 


 

関連記事 「英語の発音記号:母音を中心とした表記例集」

 

英語の綴りと発音の関係について ~参考文献~

私の手元にある文献の中で、英語における綴りと発音の関係について詳しいものとしては、

LONGMAN Pronunciation Dictionary  3rd edition (2008)

CAMBRIDGE English Pronouncing Dictionary  17th edition (2006)

竹林滋・桜井雅人著 英語の演習[1] 音韻・形態 大修館書店 1985年

があります。

上2つは、リファレンス的な発音辞典ですが、アルファベットごとに、本文中のコラムとして、綴り→発音の関係について、例示があります。

個人的にユニークなのは、「英語の演習[1] 音韻・形態」 だと思います。このシリーズは、<大学生のための英語再入門>と銘打った三冊シリーズのひとつですが、「文法」「語彙・表現」と並び、「音韻・形態」だけで一冊になっています。

この本(「音韻・形態」)でも、「英語は世界の言語の中でも最も綴り字と発音の関係が複雑で、綴り字が不規則な言語だといわれている」とあります。
しかしづつけて、「英語の正確な発音を示すには発音記号を用いるしかないと一般には信じられているが、英語の綴り字と発音とて全くでたらめなのではない。当然そこには綴り字と発音との間に基本的な規則があり、これの学習は「フォニックス」と呼ばれていて、英米の小学生が始めて文字を習うときに使われている方法である。」とあり、以下、綴り字と発音の関係が基本的な20の規則にまとめて紹介されています。

つまり、この規則を知っていれば、かなり多くの英単語について、綴りを見れば、発音記号なしに正しく発音できる(不規則な発音となる例外はもちろん別にして)、ということになるわけです。

この規則群、チャレンジしてみましたが、20もある上、結構複雑です。私は根気がなかったので、すぐに挫折してしまいました。

注意すべきは、フォニックスは、あくまで、綴り字から発音を知る、という方向になっているということです。このサイトで私が問題にしているのは、発音から綴りを知る、という方向で、これについては、「/u:/という母音を表す文字が何通りあるか調べてみると次のように10通りもある」という形で語られているだけで、規則がある、とは述べられていないようです。

つまり、フォニックスを知っていることは、発音から綴りを推測する際に、可能性の低い綴りを排除する一助とはなっても、綴りを知る決め手にはならない、ということです。まして認知した発音が曖昧であったら、さらに効果が低くなります。

ともあれ、綴りと発音についての体系的で詳細な説明があるという意味では貴重な文献であると思い、紹介させていただきました。

サイトを開設いたしました

はじめまして。サイト管理人の iratsuko(いらつこ)と申します。

サイト “WordSearch English Dictionary” を開設いたしました。

このサイトでは、メインとして、「ワードサーチ英語検索辞典」(WordSearchDictionary (WSD)とも称します) のご紹介と、その簡易版 WSD-Lite の公開をしています。

ブログでは、WSDに関連する話題や、綴りと発音に纏わる話題について、書いていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。