英語の発音記号:母音を中心とした表記例集

私自身の便宜という意味もあり、よく使う発音記号パターンを、母音記号を中心にまとめてみました。

 

キーボードから入力できる発音記号文字

/abdefghijklmnoprstuvwxz/

 

特殊な子音記号

/ʃ/ /ʒ/ /θ/ /ð/ /ŋ/ /ʤ/ /ʧ/ /dʒ/ /tʃ/ //

 

母音記号

/ɑ/ /ά/ /ὰ/     /ɑː/ /άː/ /ὰː/     /ɑːr/ /άːr/ /ὰːr/

/ɔ/ /ɔ́/ /ɔ̀/     /ɔː/ /ɔ́ː/ /ɔ̀ː/     /ɔːr/ /ɔ́ːr/ /ɔ̀ːr/     /ɔɪ/ /ɔ́ɪ/ /ɔ̀ɪ/     /ɔɪər/ /ɔ́ɪər/ /ɔ̀ɪər/

/ʌ/ /ʌ́/ /ʌ̀/     /æ/ /ǽ/ /æ̀/

/e/ /é/ /è/     /eɪ/ /éɪ/ /èɪ/     /eər/ /éər/ /èər/     /eər/ /éər/ /èər/     /eɪər/ /éɪər/ /èɪər/

/ɪ/ /ɪ́/ /ɪ̀/     /í/ /ì/     /ɪər/ /íər/ /ìər/     /ɪər/ /íər/ /ìər/

/i/     /iː/     /íː/ /ìː/

/ʊ/ /ʊ́/ /ʊ̀/     /ʊər/ /ʊ́ər/ /ʊ̀ər/     /ʊər/ /ʊ́ər/ /ʊ̀ər/

/u/ /ú/ /ù/     /uː/ /úː/ /ùː/

/aɪ/ /áɪ/ /àɪ/     /aʊ/ /áʊ/ /àʊ/
/aɪər/ /áɪər/ /àɪər/     /aɪər/ /áɪər/ /àɪər/     /aʊər/ /áʊər/ /àʊər/     /aʊər/ /áʊər/ /àʊər/

/oʊ/ /óʊ/ /òʊ/     /oʊər/ /óʊər/ /òʊər/

/ə/     /ər/     /əː/ /ə́ː/ /ə̀ː/     /əːr/ /ə́ːr/ /ə̀ːr/

 

イタリック体

/ə/ /d/ /h/ /j/ /k/ /p/ /r/ /t/

 

区切り文字

|(「たてぼう」で入力できます)

 

<付録>

かぎ付きシュワーを用いた流儀

/ɚ/
/ɚː/ /ɚ́ː/ /ɚ̀ː/

/ɑɚ/ /άɚ/ /ὰɚ/
/ɔɚ/ /ɔ́ɚ/ /ɔ̀ɚ/
/ɪɚ/ /íɚ/ /ìɚ/     /ɪə/ /íə/ /ìə/
/eɚ/ /éɚ/ /èɚ/     /eə/ /éə/ /èə/
/ʊɚ/ /ʊ́ɚ/ /ʊ̀ɚ/     /ʊə/ /ʊ́ə/ /ʊ̀ə/
/aɪɚ/ /áɪɚ/ /àɪɚ/     /aɪə/ /áɪə/ /àɪə/
/aʊɚ/ /áʊɚ/ /àʊɚ/     /aʊə/ /áʊə/ /àʊə/
/eɪɚ/ /éɪɚ/ /èɪɚ/     /eɪə/ /éɪə/ /èɪə/
/ɔɪɚ/ /ɔ́ɪɚ/ /ɔ̀ɪɚ/     /ɔɪə/ /ɔ́ɪə/ /ɔ̀ɪə/
/oʊɚ/ /óʊɚ/ /òʊɚ/     /oʊə/ /óʊə/ /òʊə/

 

ˈˌ 国際音声記号 (IPA) のアクセント記号

 

(注)

WSDおよび当ブログの表記方法をメインに収録しています。

とくに、当ブログでは、表示環境によるレイアウトの崩れを防ぐため、/í/ を /ɪ/ の第一アクセント表記、/íː/ を /iː/ の第一アクセント表記として使用しています(第二アクセントについても同様)。

発音記号とUnicodeの対応関係、画面上の見え方などについては、こちらの記事をご参照ください。

コピペにおいては、フォントやイタリック指定などの情報が消えることがありますのでご注意ください。

 

 

同音異綴語:3通り以上のもの

WSDから、英語の同音異綴語を調べたところ、2通りのペアが265組あり、3通り以上の組が23組ありました。

ここでは、3通り以上の組について、WSDから検索したものをご紹介します。

なお、I , O といった、アルファベットと綴りが重複するものは、一つとして扱い、アルファベット単独を、大文字で表記することとしました。

 

ここで同音か否かは、WSDのデータにおける発音記号表記が、検索において文字列として一致するかどうかで判定していますので、一方の単語に、別の発音もある、というような場合は、文字列が一致しないので検索にかかりません。
目視で気づいたものは、適宜加えてありますが、検索上の制約から、一般に同音異綴と扱われる例が抜けているかもしれませんので、参考としてご覧ください。

なお、同音同綴の中に、異義語が含まれていることもありますので、3通り=3語とは限りません。
また一語の綴り方が複数ある、という場合は原則として異綴語とは扱いません。

 

/aɪ/ : aye(ay), eye, I
/aɪl/ : aisle, I’ll, isle
/baɪ/ : buy, by, bye
/eər/ : air, heir, err(/eər, əːr|əː/)
/fɔːr/ : fore, four, for(/弱音 fər; 強音 fɔːr/)
/juː/ : ewe, U, yew, you(/弱音 jʊ, jə; 強音 juː/)
/hiːl/ : heal, heel, he’ll(/弱音 hil, il; 強音 hiːl/)
/kjuː/ : cue, Q, queue
/meɪn/ : main, Maine, mane
/miːt/ : meat, meet, mete
/ɔːr/ : oar, ore, or(/弱音 ər; 強音 ɔːr/)
/oʊ/ : O, oh, owe
/pǽlət/ : palate, palette, pallet
/peər/ : pair, pare, pear
/piː/ : P, pea, pee
/piːk/ : peak, peek, pique
/raɪt/ : right, rite, write
/reɪn/ : rain, reign, rein
/saɪt/ : cite, sight, site
/sent/ : cent, scent, sent
/siː/ : C, sea, see
/soʊ/ : sew, so, sow
/soʊl/ : Seoul, sole, soul
/tiː/ : T, tea, tee
/tʃek/ : check, cheque, Czech
/tʃíli/ : Chile, chili(chilli), chilly
/tuː/ : too, two, to(/弱音 tə, tu; 強音 tuː/)
/veɪn/ : vain, vane, vein

以上のとおりですが、アルファベット1字や地名を含むものを除けば、半分近くに減ります。
思っていたより少ない、というのが私の印象です。

pair/pare/pear rain/reign/rein cite/sight/site sew/so/sow あたりが典型例でしょうか。

 


 

なお、英音で語尾などの/r/が発音されないことで、英音で同音異綴となるものあります。

例えば、/ɔː/と/ɔːr/に関するものとして、3通り以上になるものは、

/ɔː/:awe     /ɔːr/:oar, ore, or
/pɔː/:paw, poor(/pʊər|pɔː, pʊə/)     /pɔːr/:pore, pour
/sɔː/:saw     /sɔːr/:soar, sore
/tɔːt/:taught, taut     /tɔːrt/:tort

などがあり、/ɑː/と/ɑːr/の場合は、

/ɑː/:ah     /ɑːr/:are(/弱音ər; 強音ɑːr/), our(áʊər, ɑːr), R

などがあります。

また、/j/や/h/などが発音されないときに同一の発音になるものとして、例えば

/djuː/:dew(英音/dʒuː/あり), due(同左)     /duː/:do(弱音は/də/)

/weər/:ware, wear     /hweər/:where

などがあります。

他のパターンもあると思われ、全数調査するのは困難です。

 


 

2通りの同音異綴語については、こちら(1)こちら(2) の記事をご覧ください。

 

英語の母音と綴り字(27) 一覧表

英語における母音と綴り字の対応について、これまで記事にしてきたものを、試みに表にまとめてみたものです。

非常に横長の表で、表のサイズも大きいので、適宜拡大表示してご覧ください(PDFです)。

 

こちらはPDFファイルが別タブで開きます。

英語の母音と綴り字

 

表のうち、相当数は、フォニックス的に説明がつくものと思われます。しかし、その例外となるものが、外来語系などのほか、基本的な単語を始めかなりあるという印象もあります。

表を縦に見れば、綴りに対する発音の多様性を見ることができ、表を横にたどれば、発音に対するスペリングの多様性を見ることができます。

英語における、発音(母音)と綴りの関係を概観するものとしての参考となれば幸いです。

 

各母音についての綴り字との対応の詳細については、それぞれの個別記事をご参照ください。

短母音 / e / :母音と綴り字(1)
短母音 / ʌ / :母音と綴り字(2)
短母音 / æ / :母音と綴り字(3)
短母音 / ɪ / :母音と綴り字(4)
弱母音の / ɪ / :母音と綴り字(5)
短母音 / ʊ / :母音と綴り字(6)
短母音 / ɑ / と / ɔ / :母音と綴り字(7)
長母音 / ɑː / :母音と綴り字(8)
長母音 / iː / :母音と綴り字(9)
長母音 / uː / :母音と綴り字(10)
長母音 / ɔː / :母音と綴り字(11)
二重母音 / aɪ / :母音と綴り字(12)
二重母音 / eɪ / :母音と綴り字(13)
二重母音 / ɔɪ / と / aʊ / :母音と綴り字(14)
二重母音 / oʊ / :母音と綴り字(15)
弱母音 / ɚ|ə / :母音と綴り字(16) / ər / の形です。
母音 / ɚː|əː / :母音と綴り字(17) / əːr / の形です。
母音 / ɑɚ|ɑː / :母音と綴り字(18) / ɑːr / の形です。
母音 / ɔɚ|ɔː / :母音と綴り字(19) / ɔːr / の形です。
母音 / ɪɚ|ɪə / と / ɪr|ɪər / :母音と綴り字(20) / ɪər / および /ɪər/ の形です。
母音 / eɚ|eə / と / er|eər / :母音と綴り字(21) / eər / および / eər / の形です。
母音 / ʊɚ|ʊə / と / ʊr|ʊər / :母音と綴り字(22) / ʊər / および / ʊər / の形です。
母音 / aɪɚ|aɪə / と / aɪr|aɪər / :母音と綴り字(23) / aɪər / および / aɪər / の形です。
母音 / aʊɚ|aʊə / と / aʊr|aʊər / :母音と綴り字(24) / aʊər / および / aʊər / の形です。
母音 / eɪɚ|eɪə / , / ɔɪɚ|ɔɪə / , / oʊɚ|oʊə /:母音と綴り字(25) / eɪər / , / ɔɪər / , / oʊər / の形です。
長母音 / əː / :母音と綴り字(26)

 


< 注記 >

1 学術的に厳密なものではありません。内容の適切性・妥当性、類別の一貫性については保証できません。

2 母音と綴り字の対応の詳細については、各母音について、個別の記事をご参照ください。

3 読まない子音字を含む場合(igh, ough など)については、独立の類別にはしていません。

4 イタリック体の単語は、母音が二音節にまたがっていることを示します。

5 表のなかで、スペースが足りず単語がはみ出ていたり、切れていたりしているところがありますが、レイアウトを優先して、そのままにしてあります。よくわからないところは、個別記事をご参照ください。

6 各発音に対する単語の対応付けは、米音・英音、あるいは複数ある発音、のいずれかひとつにでも該当すれば、掲載対象としています。その単語の発音がその母音であることが、米音だけなのか、英音だけなのか、他に発音があるのか、アクセントのある例か、意味が限定されているのか、などについては個別記事を参照していただくか、あるいは他の辞典類でご確認ください。

7 例示の単語には、半母音(/j/ /w/ など)を伴うものもありますが、表中にとくに注釈は入れておりませんので、個別記事あるいは辞典類でご確認ください。

8 各記事中の細かい類別については、煩雑さを避けるため、表には反映させず、適宜省いています。

9 すべての母音について、表に挙げているわけではありません(/ə/ /i/ /u/ などが載っていません)。また、表中の母音についても、綴り字・スペリングの対応は、私が現時点で認識しているものだけですので、完全に網羅されているものではありません。空欄の場所も、埋まるべき単語がある可能性があります(悉皆調査ではありません)。
とくに、アクセントのない例については、注意は十分に及んでいません。

 

長母音 / əː / :母音と綴り字(26)

英語の母音と綴り字の対応について、今回は、母音 / əː / について、WSDから調べたものです。

母音 / əː / については、/ əːr / の形ではない単語もかなりありますので、改めて記事にしてみました。

以下、/ əː / の音を作る綴り字と、その単語の例を示します。
milieu をのぞき、すべて綴りでは r が続きます。

 

(1)米音英音ともに / əːr / の形のもの:以下の例は / əːr / の後に母音が続いた形といえます。

er : referral (/rɪfə́ːrəl/)

ir : stirring (/stə́ːrɪŋ/)

ur : demurrer (/dɪmə́ːrər/) (「異議申立人」)

 

(2)/ əːr|ʌr / の形のもの

or : borough(/bə́ːroʊ|bʌ́rə/), thorough, worry(/wə́ːri|wʌ́ri/)

ur : current(/kə́ːrənt|kʌ́r-/), hurry, turret

our : courage(/kə́ːrɪdʒ|kʌ́r-/), flourish, nourish

 

(3)その他米音英音に / əː / があるもの

ieu : milieu (/miːljúː, -ljə́ː|míːljəː/)

 

(4)その他米音が / əːr / のもの

ur : assurance (/əʃʊ́ərəns, əʃə́ːr-|əʃʊ́ər-, əʃɔ́ːr-/)

er : deterrence (/dɪtə́ːrəns|-tér-/)

ir : squirrel(/skwə́ːrəl|skwírəl/), stirrup

yr : syrup (/sírəp, sə́ːrəp|sírəp/)

our : courier (/kʊ́riər, kə́ːriər|kʊ́riə/)

 

(5)その他英音が / əː / のもの

er : advertisement (/æ̀dvərtáɪzmənt|ədvə́ːtɪs-/)

ir : extirpate (/ékstrərpèɪt|-təː-/) 弱音節の例です。

ur : usurpation (/jùːsərpéɪʃən|-zəː-/) 弱音節の例です。

ear : year (/jɪər|jɪə, jəː/)

yr : Kyrgyzstan (/kìərgɪstάːn, -stǽn|kə̀ːg-/)

uer : Puerto Rico (英音/pwə̀ːtoʊ ríːkoʊ/)

 

(6)その他もちろん、/ əːr / の形の発音における英音が / əː / になります。

 


(注)綴り字・単語の列挙について、一般に

綴りと発音については、WSD書籍版のデータに依拠しています。

例が1個あるいは2個しか挙がっていない場合でも、その1語あるいは2語のみ、という強い主張をするものではありません(悉皆調査ではありません)。

/í/ を /ɪ/ の第一アクセント表記、/íː/ を /iː/ の第一アクセント表記として使用しています。

その他、詳しい注記については 短母音 / e / :母音と綴り字(1) の記事と注をご参照ください。

また、英語の母音と綴り字(27) 一覧表 で、記事にした母音全体について概観(一覧表)があります。

 

母音 / eɪɚ|eɪə / , / ɔɪɚ|ɔɪə / , / oʊɚ|oʊə /:母音と綴り字(25)

英語の母音と綴り字の対応について、今回は、/ eɪər / すなわち / eɪɚ|eɪə / と、/ ɔɪər / すなわち / ɔɪɚ|ɔɪə / と、/ oʊər / すなわち / oʊɚ|oʊə / について、WSDから調べたものです。

タイトルではイタリック体が使えないので、/ ɚ /(かぎ付きシュワー)を用いたスタイルで表示しています。

これらは調べたところすべて複数音節であり、辞典類でも母音として独立に扱われている例はないようですが、参考までに、綴り字の例を示します。
バリエーションはさほど多くはありません。

 

(1) / eɪər / の綴り字

ayer : layer, player, prayer(「祈る人」)

ayor : mayor (/méɪər, meər|meə/)

eyor : purveyor, surveyor

 

(2) / ɔɪər / の綴り字

oyer : destroyer, employer

awyer : lawyer (/lɔ́ːjər, lɔ́ɪər, +米lάːjər/)

 

(3) / oʊər / の綴り字

ower : follower, lower, mower

ewer : sewer

 

 

なお、WSDでは、上記3パターンについて、後にさらに母音が続くものは、収録がありませんでした。

 


(注)綴り字・単語の列挙について、一般に

綴りと発音については、WSD書籍版のデータに依拠しています。

例が1個あるいは2個しか挙がっていない場合でも、その1語あるいは2語のみ、という強い主張をするものではありません(悉皆調査ではありません)。

イタリック体の発音記号は、環境によってはうまく表示されないかもしれませんが、よろしくご了承ください。

その他、詳しい注記については 短母音 / e / :母音と綴り字(1) の記事と注をご参照ください。

また、英語の母音と綴り字(27) 一覧表 で、記事にした母音全体について概観(一覧表)があります。